決済代行サービスは割賦販売法対策におすすめ!

決済代行サービスが割賦販売法対策になる理由

増加するネット犯罪を食い止めるために

2018年6月頃に施行予定の改正割賦販売法によって、ECサイトの運営者などに情報を守るための対策を立てることが義務付けられました。 情報漏洩などの事件を未然に防ぐための基準を満たすためにも、ECサイトで販売をしているような事業者はここで紹介するような変更内容について知っておかなければなりません。

情報を保護するために有効なシステム

ECサイトが取り扱うクレジットカードの情報はどのような経路をたどって決済されることが望ましいのでしょうか? 改正割賦販売法がおすすめしているシステムについて詳しく見ていきましょう。 クレジットカード情報の保護強化が周知の事実となれば、ネットショップの利用者がさらに増加するかもしれませんね。

決済代行サービスに依頼する時に注意すること

決済代行サービスに依頼すれば、すべての問題が解決するという訳でもなさそうです。 決済代行業者が用意しているシステムには「通過型」と「非通過型」の二通りがあるので、決済代行業者がどちらのシステムを導入しているのかをきちんと確認する必要があるでしょう。

改正された割賦販売法とは?

インターネットを利用して金銭の授受を行うことが一般的となってきた現代において、何よりも懸念されるのは様々な個人情報が流出してしまうということだと思います。

念入りに管理していても、情報漏洩という問題があとを絶たず数億円に及ぶ被害を出してしまうこともあるようです。
時代の変遷と共に犯罪の内容が次第に変化してデジタル化しているのを見た政府がいよいよ動き始めました。
個人の大切な情報を保護して犯罪を食い止めようと、ECサイトの事業者にセキュリティ対策の強化を義務付けてクレジットカード情報が盗まれることがないようにすることになったのです。

セキュリティ対策が強化されたECサイトなら、クレジットカードの情報を入力することに抵抗があったという保守的な人でも安心して利用できるはずです。
クレジットカード払いなら決済手数料がかかりませんし、カード会社独自のポイントを貯めることもできるというメリットがあります。
消費者がそのようなクレジットカード決済を安心して選択できるようにすることは、ECサイトにおける顧客開拓の足掛かりとなっていくでしょう。

このセキュリティ対策の強化を目的とした改正割賦販売法によってECサイトの事業者に課せられた義務を果たすために利用したいのが、決済代行サービスです。

徹底した情報管理体制のもとでクレジットカード情報も保存してくれますから、決済を代行してくれるということだけでなく、情報の非保持化ということも同時に実現してくれるのです。