決済代行サービスが割賦販売法対策になる理由

>

決済代行サービスに依頼する時に注意すること

決済代行サービスと改正割賦販売法

必ずしも万能ではないと言うと誤解を招く恐れがありますが、決済代行サービスに依頼しただけでは改正割賦販売法対策として十分ではないかもしれないという例について紹介したいと思います。

そもそも決済代行サービスを導入するメリットとしては、システム開発に時間や労力を割かなくて済むということではないでしょうか?
それは決済代行サービスが用意したシステムを丸ごと導入するということなので、そのシステムのタイプが大きく関わってくるのです。

このシステムが先に述べたような「通過型」か「非通過型」かによって、ECサイト側にさらなる対策が必要になるかどうかが決まってくることになります。
労力を最低限にとどめて業務のスリム化を図りたいと思ったら、やはり「非通過型」を採用している決済代行サービスを選択することが得策と言えるでしょう。

ECサイトに求められる対策

実際に対面することなく取引が行われているECサイトでは、どこかから盗み出したクレジットカード情報を使用して不正に購入手続きを進めることができないように、幾重にも情報入力を繰り返すことによって本人確認ができるようにしておく必要があります。

その方法には様々なものがありますが、自身で設定したパスワードを使用してログインしたのちに決済画面へ進むというものであったり、クレジットカードの裏面に記載されている番号を入力したり、送り先などに不審な点がないかを検知する機能も備えられていたりするといいます。

決済代行サービスなどによって不適切と判断されたECサイトでは、クレジットカードを使った取引ができなくなるというのですから、ただ事ではありません。
改正割賦販売法が施行されるまでに、基準をクリアして健全な営業ができるように心がけておくようにしましょう。


この記事をシェアする